家族揃ってごはんを食べていますか?

 “食育”ときくと、毎日幾度となく繰り返してきた『食べること』を、あらためて学ばなければいけないなんて……と思ったりしますが、実は『食』――特に『家庭における食』には、子どもの体の成長や健康以外にも、とても無視できない重要な意味や効用があるのです。

    一人で食べると さみしいご飯

    二人で食べると おいしいご飯

    家族で食べると 楽しいご飯

   山口健太郎さん(徳島県美馬市 小学校六年生)

 

 

 これは文部科学省が実施する『家庭で話そう!我が家のルール・家族のきずな・命の大切さ三行詩募集』において、平成26年度の文部科学大臣賞を受賞した山口健太郎さん(徳島県美馬市 小学校六年生)の作品です。わが家のルールや家族の絆について書くという条件の、この文科省の企画に寄せられた詩の実に多くが、『家庭の食』に関係した詩になっています。

    けんかして 放置しちゃった晩ご飯

    テーブル見ると温かご飯

    一人で食べて涙こぼれる

    海野綾花さん(水戸市 中学校三年生)

    我が家の食卓

    かかせぬおかずは

    「その日の出来事」

    正部家大輝さん(遠野市 中学校二年生)

 

 

 家庭内で学ぶあらゆること、気づきや感動と、家庭の食卓が直接つながっていることをあらためて思わされます。

 

 127号『食べることは生きること。ちゃんと『食育』してますか?』でもお伝えしましたが、家庭において家族が一緒に食事する頻度が少なく、孤食(独りの食事)や個食(家族が別々に好きなものを食べる)が多い家庭の子ほど、心身の不調が出やすくなったり、問題行動を起こしやすくなるなど、良くない影響が及ぶことがわかっています。

 

 逆に、家族とともに食べる『共食』の頻度が多くなるほど子どものこころは安定し、他者への信頼感が育まれ、ポジティブな行動・感情が増え、家族との連帯感が高まり、学業成績も上がる等々、数多くの良い影響がもたらされることがわかっています。

 

 そこで128号では『家族と食べる食事』をテーマに、『食育かるた』を作ってみました。ダウンロードしてお使いください。

かるたの札ひとつひとつについてお子さんと一緒に話し合い、皆さんのご家庭独自のあらたな標語を考えてみてください。

 

『キッズファミリー・ぐぅちょきぱぁ』128号掲載

児童環境育成協会について

沿革

団体概要

・代表:森 一夫より

キッズファミリーの歴史

​・プライバシーポリシー

​・お問い合せ

一緒に考えましょう

一緒に考えましょう

・家庭のパパ、ママへ

© 2017 by jidoukankyouikuseikyoukai. Proudly created with Wix.com

企業の取り組み紹介

​・企業の取り組み紹介

新着企業

協働企業リスト

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

活動報告など

キッズファミリー「ぐぅちょきぱぁ」

・社会貢献ネットワーク

・チャリティー・寄付活動

​・講演会・勉強会